健康診断の当日は朝ごはんは食べないで健診へ行く

社会人ともなれば、毎年の健康診断は必須になります。会社勤めでない人でも、毎年健康診断を受けて、自分の健康状態を知ることは大切です。健康診断を受けるのにあたり、注意事項の用紙も受け取りますから、一読して注意は事項を確認しておくことです。健康診断の朝は、朝ごはんを食べないで検診行くことも、注意の一つです。うっかり朝ごはんを食べてしまうと、その日の検査で、正しい検査結果が出ないためです。朝ごはんも食べませんが、前の日の夜も、夕食後は何も食べすに、水分だけを摂取するように、注意事項に記載がされています。健康診断を受けるにあたり、血糖値検査をするためには、10時間以上の絶食が必要なためです。もしも、胃の検査の予約もしてある場合も、もちろん胃には何も入れないで検査を受けることが必要となります。お腹がすいてしまいますが、朝は何も食べないで検査に向かいます。検査が終われば、ゆったりとご飯を食べることができます。

職域健康診断に必要な項目

会社勤めの労働者の方が会社で年に1回受診する健康診断を一般健康診断といい、労働安全衛生法で事業主に義務づけらています。この法律では、必須の健診項目が決められており、医療機関や健康保険協会などの健診を申し込みすると事前に基本健診項目以外の項目も選べるようになっています。職域の健診で特徴的なのが聴力検査や心電図検査、血中脂質検査などがあります。また、40歳以上の方に対してメタボリック症候群対策として腹部周りの測定も実施されており、中高年に対する健康管理の徹底を意識づけるものになっています。一般の会社とは別に深夜労働や労働安全衛生規則で規定される業務に携わる場合には特定業務従事者の健康診断を実施しなければなりません。これは6ヶ月に1回、一般健診と同じ様に実施していきましょう。そのほかにも、海外派遣従業員や給食業務に従事する方への健診についても細かな規定がありますので、事業主の方は労働安全衛生法の確認を充分に行う必要があります。

健康診断の前日に気をつけたいこと

健康診断の前日に気をつけたいことがいくつかあります。まず暴飲暴食は避けた方がいいです。いつも通りの生活で問題ないですが、ただ食べ過ぎたりするのはよくないので、注意が必要です。またお酒も控えた方がいいです。そして睡眠はしっかりとりましょう。ゆっくり寝て疲れをとるといいです。健康診断をすることで、病気を早く見つけることができたり、日々の生活を見つめ直すきっかけにもなります。めんどうだと思ってもきちんとうける必要があります。自分のためにも、そして家族のためにも、あなたの健康を保つことはとても大切です。健康診断がいいきっかけになるようにしっかり受けましょう、また前日には少しでもいいので、意識して過ごすといいです。前日を意識しすぎて、何も食べないなど、極端な生活をするときちんとした真実の結果を見ることが出来なくなってしまいます。意識することは大切ですが無理をしないようにしましょう。ただ、そうはいっても暴飲暴食は禁止です。

日頃お酒を飲む方は毎年健康診断を受けよう

健康な方でも毎年一回は健康診断を受けるでしょう。自分自身では何の自覚症状を感じていなくても、健康診断を受けることで病変が発見されることがあります。定期的に健康診断を受けていれば初期の段階で病気を見つけることができるので、深刻な状況にならずに済む場合が多いのです。健康な方でも受けているのですから、頻繁にお酒を飲む方は必ず受けておいた方がいいですね。お酒は適量に飲む分には良いですが、毎日飲んだり一回に多くの量を飲む方になると飲まない方に比べて病気にかかるリスクが高いと言えます。お酒と関係する臓器と言えば真っ先に肝臓が思い浮かぶでしょう。肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれており、症状が進行していてもほとんど自覚症状を感じることがありません。病気が進行してから発見されると手遅れになることも考えられますから、常に気に留めておく必要があるのです。特にアルコール性肝障害という病気は長年の飲酒によって引き起こされる病気です。気になる方は必ず健康診断を受けましょう。この健康診断にて派遣されている看護師になりたい!と思った人も多いかもしれませんが、探し方が全く分からない人が大半だと思います。そんな時は“企業ナース求人は超激レア!誰よりも早く押さえる秘訣はコレ”で企業ナースの求人をゲットする方法を自分のモノにしてください。

タバコと健康診断の結果との関係について

タバコは、精神面はともかく、体にもたらす影響と言う面から見ると、まったく良い所はありません。様々な疾病にかかるリスクを高める要因として、医学的にも明らかにされています。ですから喫煙習慣がある人は、健康診断においては様々な点で、将来的な不安が予測されるような結果が出る場合も少なくありません。なお、健康診断を受ける前日、当日は喫煙を控えるのが常識です。もしそれを破った場合、ニコチンの影響でほぼ間違いなく、血圧の項目で良くない結果が出てしまいますし、正しい結果を知ることができない恐れもあります。タバコが健康診断の結果にもたらすものとしては、まずは中性脂肪値やコレステロール値の上昇、また血圧や血糖値の上昇です。これらは、いわゆる生活習慣病である高血圧や糖尿病、心筋梗塞などに深く関係していますから、数値によってはそれらの疾病にかかる恐れがあると判断されるかもしれません。また呼吸器系統に与えるダメージはとても大きく、たとえば健康診断では、肺の内皮細胞の障害が引き起こされていれば末梢血白血球数の増加が認められるかしれません。将来的な健康のことを思うのであれば、タバコは止めた方が賢明です。

このページの先頭へ